背中が開く服

東京で仕事をするのならセクキャババイトにチャレンジしてみよう

東京のセクキャバでのバイトは体験入店でお店のルール確認が重要

ベッドの上にいる女性

セクキャバの求人情報を見ると、非常に高収入で待遇もよく、働きやすそうなお店がいくつか見つかります。
ですがセクキャバはお店によって接客のシステムやルールが違うので、求人では良さそうと思っても実際にバイトを始めてみたら長続きしないということもあるものです。
そのため、セクキャバでバイトをしたいなら、体験入店でお店のルールを確認する必要があります。

セクキャバの体験入店で確認するべきルールというのは、基本的にお触りについてのルールです。
とりあえず確認しておくべきなのはお触りの時間と、具体的にどこまで触られるかでしょう。
常に相手に触られるのか、それとも照明が落ちている間だけなのか、お尻はスカートの上からまでなのか、スカートの中に手を入れ下着の上から触られるのか、それとも下半身はお尻含めて一切禁止なのかなどです。

お触りが許可される時間は体の負担にも繋がりますし、自分の許容範囲を超えたお触りを許可されてお店だと、バイトを続けるのは精神的に難しいでしょう。
待遇が良くてもこうしたお触りのルールが合わないということはよくあることなので、良さそうなセクキャバの求人情報を見たら、体験入店で必ずお店のルールを確認しておくべきです。

News